看護師:くらしま看護師:くらしま

みなさま、こんにちは🎶かわかみ動物病院の看護師の倉嶋です🐥
前回お届けしました第1回『災害時のために〜予防・確認編〜』に引き続き、第2回は災害グッズについてお届けいたします!

前回の記事はこちら

災害時のために 〜予防・確認編〜

ご自宅にはいざという時の為に災害グッズを準備されている方も多いと思います。ですが、動物用の災害グッズは何を準備していいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか😣
今回はいくつかポイントをおさえながら、ご紹介しようと思います💡

5日分以上のフードとお水の準備
災害が起こってしまった時、支援物資や配給が届くまで5日前後かかる事があります。
最低でも5日以上、できれば7日以上の食料とお水を用意しておきましょう!

また、避難時は環境の変化やストレスなどで体調を崩しやすくなります。
フードが急に変わってしまうと下痢をする場合もありますので、いつも食べ慣れているフードを準備しておきましょう🙂

荷物は出来るだけ軽く、両手が使えるように準備
避難所に移動することになった場合、飼い主さんの避難用の荷物やキャリーケースなども持って移動しなければいけません。
車での移動ができない場合もあったり、長時間歩く可能性もあります😵
災害グッズの優先度を考えたり、飼い主さんと共通で使える物を準備しましょう!

また両手が使えるように荷物はリュックやショルダータイプのバッグに入れることをオススメします💡

上記の事をふまえて、必要な災害グッズを準備してみましょう!

必ず準備する避難用品

  • 5日分以上のフード、お水
  • 食器
  • 首輪と迷子札(予備を準備しておく)
  • リード、胴輪
  • キャリーケースやケージ
  • ペットシーツ(猫の場合は使い慣れた猫砂)
  • ペットの健康手帳
  • お薬(慢性疾患などがある場合)

飼い主さんと共通で使える避難用品

  • タオル
  • ビニール袋
  • 新聞紙
  • ウェットティッシュ
  • ブルーシート
  • ガムテープ、油性マジック
  • 温度計、湿度計

余裕があれば準備しておくと良い避難用品

  • 動物用の靴、靴下
  • お気に入りのおもちゃ
  • いつも使っている毛布やグッズ
  • 飼っているペットの写真

少しでも皆様の参考になればと思います😌
事前に確認・準備をして自分の命と一緒に暮らすペットの命をしっかり守りましょう!

また環境省の『人とペットの災害対策ガイドライン〈一般飼い主編〉』もぜひご覧ください🐶🐱
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h3009a.html